ラグビーの国内最高峰トップリーグ(TL)の観客動員が好調だ。昨年のワールドカップ(W杯)日本大会の盛り上がりを受け、シーズンの3分の1に当たる第5節を終えた時点で35万人を突破し、目標の過去最高60万人達成は確実な見通しだ。新リーグ創設を来年に控え、さらなる上積みを狙う。

 ボールを持つたびに「リーチ!」の声が上がる―。リーグが開幕した1月12日の東京・秩父宮ラグビー場。W杯で活躍した選手をひと目見ようとスタンドはほぼ満員の2万1564人が埋め、リーチ・マイケル(東芝)は「TL9年目で(開幕戦では)初めての光景」と笑みをこぼした。