日本相撲協会は25日、大阪市内で執行部の会合を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受け、大相撲春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)について、通常開催、無観客、中止の三つを選択肢に検討し、3月1日に臨時理事会で最終決定することを決めた。