【アンマン共同】ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は6日、アンマンで行われ、男子ウエルター級で昨年の世界選手権ベスト8の岡沢セオン(鹿児島県体協)が初戦の2回戦で台湾選手に5―0で判定勝ちした。8日の準々決勝に勝てば、五輪出場が決定する。

 女子はウエルター級の鬼頭茉衣(中京大大学院)が1回戦でウズベキスタン選手に1―4の判定負け。ミドル級の津端ありさ(西埼玉中央病院)も1回戦で韓国選手に0―5の判定で敗れ、ともにこの予選での五輪出場権獲得はならなかった。