全日本柔道連盟(全柔連)は25日、書面決議による臨時理事会で、新型コロナウイルスの感染拡大により1年延期となった東京五輪代表13人の維持を正式に承認したと発表した。男女代表は2月までに決まっていた男子73キロ級の大野将平、女子52キロ級の阿部詩らで、22日までに理事、監事全員の賛同を得たという。

 全柔連は15日にオンライン形式による常務理事会と強化委員会を開催し、このまま代表選手を変えずに大会に臨む方針を決めていた。

 新旧世界王者の丸山城志郎と阿部一二三が争い、唯一代表が決まっていない男子66キロ級の選考方式は、継続して検討する方向となっている。