【ミラノ(イタリア)共同】新型コロナウイルスの影響で中断しているサッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)が6月20日に再開することが28日、決まった。スパダフォーラ・スポーツ担当相が同国サッカー連盟などとの会合で再開を認めた。29日に詳しい試合日程が話し合われる予定。

 サンプドリアに日本代表DF吉田麻也、ボローニャに同じくDF冨安健洋が所属している。セリエAは3月9日の試合を最後に中断し、各チームとも12、13試合を残している。ユベントスが勝ち点63の首位で、ラツィオが同1差の2位で追う。

 リーグに先立って13日からイタリア・カップが行われる見通し。