和歌山県高野連は15日、今夏の全国高校野球選手権大会と出場権を懸けた地方大会の中止が決まったことを受け、独自で開催する代替大会の詳細を発表した。7月18日開幕で、8月5日までトーナメント方式で実施する。組み合わせ抽選は今月26日に行い、各校の期末試験などの期間も考慮して日程を決める。

 県高野連によると、開会式は行わず、選手の保護者ら一部を除いて原則無観客で開催する。試合当日に選手や指導者の検温の報告を求め、37.5度以上の場合は来場自粛を求めるなど、ガイドラインを設けて感染防止対策を徹底する。