東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは4日の記者会見で、五輪開幕1年前の7月23日に国立競技場から配信した競泳の池江璃花子選手によるメッセージ動画の当日の視聴回数が、日本国内だけで500万回に達したと明らかにした。

 国際オリンピック委員会(IOC)によると、動画は130カ国・地域以上で中継、配信されたといい、高谷氏は「協力いただいた関係者に感謝申し上げる」と述べた。パラリンピック開幕1年前の8月24日については「特別なイベントを計画しているわけではない」と説明した。