日本相撲協会は14日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。幕下以下の感染者については、個人情報保護の観点からしこ名、所属部屋名を公表していない。

 この力士は10日夕に体調を崩し、部屋で隔離。11日に受けたPCR検査で陰性だった。しかし、13日にも体調不良を訴え、再度の検査で陽性と判明。14日に入院した。

 相撲協会の芝田山広報部長によると感染経路は不明で、濃厚接触者の検査結果は出ていない。濃厚接触者と認定されなかった部屋関係者も協会が検査を受けさせる予定。

 芝田山部長は新型コロナに感染した松ケ根親方が退院したことも明らかにした。