アメリカンフットボールの東西大学王座決定戦、第75回甲子園ボウルは13日、甲子園球場で行われ、関学大(関西)が日大(関東)を42―24で下して3連覇を果たし、史上最多の優勝回数を31度に更新した。来年1月3日の日本選手権、ライスボウル(東京ドーム)で社会人王者に挑戦する。

 関学大は7―14と逆転されて迎えた第2クオーターにRB三宅のTDなどで14得点。第4クオーター序盤に7点差に迫られてもQB奥野のTDパスで突き放した。3年ぶりの優勝を狙った日大はラン攻撃がさえたが、守備陣が振り回された。