【ケルン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで27日、シュツットガルトの遠藤航はホームのシャルケ戦で前半にリーグ初ゴールを含む2得点をマークした。終盤には2アシストし、4点に絡む活躍で5―1の勝利の立役者となった。

 守備的MFでフル出場して前半10、26分にCKから決め、試合終盤に2得点をお膳立てした。

 ビーレフェルトの堂安律は0―3で敗れたアウェーのドルトムント戦に先発出場し、0―2の後半30分に奥川雅也と交代した。