東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は9日の記者会見で、国際水泳連盟がいったん中止の意向を示したテスト大会を兼ねる東京五輪最終予選大会について、開催に向けて準備を進めていることを明らかにした。「五輪本番に向けて準備ができているとの実感を持ってもらうためにも、できるだけ開催したい」と述べた。

 五輪パラに出場する日本選手への新型コロナワクチン優先接種に関しては「ワクチンがなくても万全の態勢で開催するとの考え方は変わっていない」と強調。一方で「IOCのバッハ会長は、多くの選手団が接種をするのが望ましいと発言している。考え方を注視する」とも説明した。