【ゲンク(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグで11日、ゲンクの伊東純也はホームのシントトロイデン戦で後半15分までプレーし、前半にアシストするなど4―0の勝利に貢献した。シントトロイデンの鈴木優磨は前半にPKを失敗し、後半31分に交代。橋岡大樹とGKシュミット・ダニエルはフル出場し、伊藤達哉は後半16分からプレーした。