米プロバスケットボールNBAで八村塁の所属するウィザーズが、公式サイトで5日までに公開したチームの集合写真で社会正義を訴えた。撮影はシーズン終盤恒例で、選手はユニホーム着用が慣例だが、今季は昨今の権利意識の高まりから「責任」「平等」「正義」のいずれかのTシャツ姿で撮影に臨んだ。八村の胸には平等と記されている。

 同サイトによると、主力のビールは「できれば世界のみんなも自分たちと同じように世界をより良い場所にしようとしてくれたら」と狙いを述べた。(共同)