日本水泳連盟は28日、東京五輪の競泳日本代表のエントリー種目を発表し、白血病から復帰して代表となった女子の池江璃花子(20)は個人種目に出場せず、リレー種目に専念することになった。最初のレースは、開会式翌日の7月24日に行われる400メートルリレー予選になる見通し。

 池江は代表選考会を兼ねた4月の日本選手権で100メートル自由形、100メートルバタフライなどを制し、400メートルリレー、400メートルメドレーリレーの代表に決まった。個人種目もエントリーは可能だったが、これまでも「チームに貢献したい」と述べ、リレー種目を優先する考えを示していた。