東京五輪の体操女子種目別床運動で銅メダルを獲得した村上茉愛(日体ク)が28日、共同通信のインタビューで10月の世界選手権(北九州市)が「現役最後の演技になるかもしれない」と話した。