大相撲九州場所5日目(18日・福岡国際センター)一人横綱の照ノ富士は隆の勝を力強い上手投げで退け、5戦全勝とした。大関陣は貴景勝が妙義龍を一方的に押し出して5連勝。正代は隠岐の海に寄り切られ、2敗目を喫した。

 両関脇は御嶽海が若隆景の寄りに屈し、初黒星。明生は新小結霧馬山を押し倒し、白星を先行させた。霧馬山は5連敗。

 勝ちっ放しは照ノ富士、貴景勝、再入幕の阿炎の3人となった。1敗で御嶽海、高安、宇良ら6人が追う。