大相撲九州場所8日目(21日・福岡国際センター)横綱照ノ富士は平幕遠藤を力強く押し出し、初日から8連勝で4場所連続のストレート勝ち越しを決めた。大関貴景勝は小結逸ノ城がまげをつかんだとして反則勝ち。全勝を守った。

 大関正代は妙義龍を突き落として5勝目。関脇御嶽海は隠岐の海を寄り切って7勝目を挙げ、関脇明生は宝富士を寄り倒して星を五分に戻した。

 勝ちっ放しの照ノ富士と貴景勝を1敗で御嶽海、平幕の阿炎が追う。十両は王鵬が8戦全勝で単独首位。