【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が30日、米老舗メディア、スポーティング・ニューズによる全競技を対象とした年間最優秀選手「アスリート・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

 記事では投打の「二刀流」で大リーグを席巻した大谷を「どの選手が最高のシーズンを過ごしたか、議論する意味がないほどだった」と称賛。「大谷の2021年は野球だけでなく、他競技でも前例のないものだった」と高く評価した。

 ア・リーグ最優秀選手に輝いた大谷は、AP通信の「今年の男性アスリート」などにも選出。競技の枠を超え、米メディアの表彰も独占する1年となった。