サッカーのイングランド・プレミアリーグで南野拓実の所属するリバプールは1日、クロップ監督が新型コロナウイルスの検査で陽性の疑いが出たため、2日のチェルシー戦で指揮を執らないと発表した。軽い症状があり自主隔離しているという。南野は筋肉系の軽いけがのため昨年12月28日のレスター戦に続いて欠場する見通し。

 冨安健洋が所属するアーセナルのアルテタ監督も新型コロナ感染により、1日のマンチェスター・シティー戦で指揮を執らなかった。(ロンドン共同)