ヤクルトの村上が5日、新型コロナウイルス感染による隔離を終え、宮崎県西都市での2軍のキャンプに合流した。全体練習は外れたが、初日から約7時間に及ぶメニューを消化し「そんなに体力も落ちていない。2週間くらいで全て戻ってくる」と開幕への調整に問題ないことを強調した。

 同じく新型コロナ感染から復帰した高橋とランニングやキャッチボールを行い、守備練習、ティー打撃の後にスローボール専用のマシンを相手に約30分間、バットを振り込んだ。

 自宅でも体幹トレーニングやストレッチを欠かさなかったそうで「スムーズに入れた。どんどん強度を上げていきたい」と手応えを語った。