スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は8日、ソウルでボルダリング第2戦の決勝が行われ、男子は藤井快が今季初優勝し、楢崎智亜(以上TEAM au)が2位、緒方良行(B―PUMP)が3位に入った。楢崎明智(TEAM au)は5位、土肥圭太(鹿児島県連盟)は6位だった。

 女子は青柳未愛(日大)が日本勢最上位の6位だった。野中生萌は8位、伊藤ふたば(TEAM au)は15位で上位6人の決勝に進めなかった。(共同)