【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は19日、11月に開幕するワールドカップ(W杯)カタール大会の担当審判員を発表し、日本からは山下良美主審(36)が入った。W杯で女性が審判員に選ばれたのは史上初で、山下さんら主審3人と副審3人の計6人が名を連ねた。

 山下さんは2019年の女子W杯や昨夏の東京五輪でも主審を務めた。男子の試合は21年にJリーグの公式戦で、今年はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で、いずれも女性として初めて笛を吹いた。

 FIFAは過去の実績などにより主審36人、副審69人、ビデオ・アシスタント・レフェリー24人を選出した。