日本ハムは1―2の七回に宇佐見の3点二塁打で逆転し、浅間の適時打で1点を追加した。伊藤は7回2失点でリーグトップの5勝目。北山が5セーブ目を挙げた。西武は高橋が七回途中5失点と崩れて、4連敗となった。