サッカー日本代表は2日午後7時から、札幌ドームでの国際親善試合でパラグアイ代表と対戦する。1日は試合会場で大半を非公開として最終調整し、合流が遅れていた南野(リバプール)柴崎(レガネス)らが加わって28人全員がそろった。

 記者会見した森保監督は、6日に控えるブラジル戦に主力で臨むため、これまで出番の限られた選手を起用する考えを示し「いろんなことを試しながらも勝利を目指して戦う。代表の責任を考えながらやりたい」と述べた。別メニュー調整だった冨安(アーセナル)守田(サンタクララ)らは出場しない見通し。

 FIFAランキングは日本が23位で、パラグアイは50位。