ヤクルトは2―3の八回にオスナの適時打、内山壮の3点二塁打、代打中村の適時打で一挙5点を奪って逆転した。八回を三者凡退に抑えた石山が2勝目を挙げた。ロッテは小島が6回1失点と好投したが、救援陣が大きく崩れた。