【グアダラハラ(メキシコ)共同】世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチ(10日)の記者会見が8日、メキシコのグアダラハラで開かれ、4度目の防衛を目指すスーパー王者の京口紘人(ワタナベ)は「非常に楽しみ」と充実した表情で話した。

 司会者を挟み、同級王者エステバン・ベルムデス(メキシコ)と座った。同じ1993年生まれで、7日に日本人初の世界3団体統一王者になったバンタム級の井上尚弥(大橋)について聞かれると「彼とは親交もある。偉大なチャンピオンなのですごくいい刺激をもらいました」と答えた。