サッカーの第102回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は13日、茨城・カシマスタジアムなどで4回戦の7試合が行われ、J1勢対決は鹿島が2―0でG大阪に勝って準々決勝に進んだ。

 J2勢は甲府が3―1で鳥栖に快勝して8強入り。長崎は0―2で福岡に屈し、栃木は1―2で京都に惜敗。群馬は0―1で広島に敗れた。

 C大阪は名古屋、神戸は柏をいずれも2―1で下した。東京V―磐田は20日に行われる。

 準々決勝の組み合わせ抽選は15日に行われ、試合は9月7日に予定されている。