Jリーグ・YBCルヴァン・カップ準々決勝第2戦(10日・ニッパツ三ツ沢球技場ほか=4試合)広島はJ1首位の横浜Mを2―1で破り、2戦合計5―2で8大会ぶりの準決勝へ進んだ。福岡は神戸に1―0で競り勝ち、同3―1で初の4強入りを果たした。

 第1戦は1―1だったC大阪は最終盤に2点差を追い付いて川崎と2―2で引き分け、アウェーゴール数で上回って勝ち上がった。浦和は前回優勝の名古屋に3―0で完勝し、合計4―1とした。

 C大阪―浦和、福岡―広島の準決勝はホームアンドアウェー方式で9月21、25日に行われる。