【チューリヒ共同】陸上の世界最高峰シリーズ、ダイヤモンドリーグ(DL)の年間上位者で争うファイナルは8日、チューリヒで行われ、女子やり投げで日本記録保持者の北口榛花(JAL)は63メートル56を投げ、ファイナルでは日本選手過去最高の3位に入った。今年7月の世界選手権銀メダルのカラ・ウィンガー(米国)が64メートル98で優勝。

 男子3000メートル障害では昨夏の東京五輪7位の三浦龍司(順大)が今季自己最高の8分12秒65で4位だった。同五輪金メダルで今年の世界選手権を制したスフィアヌ・バカリ(モロッコ)が8分7秒67で優勝した。