女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第3日は21日、東京・有明テニスの森公園で行われ、ダブルス1回戦で土居美咲と今大会限りで現役引退の奈良くるみのペアがソフィア・ケニン(米)とロシア出身のリュドミラ・サムソノワのペアに2―6、4―6でストレート負けした。

 柴原瑛菜、ルイザ・ステファニ(ブラジル)組は第2シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)ジュリアナ・オルモス(メキシコ)組に3―6、1―6で敗退。本玉真唯内藤祐希組も敗れた。

 シングルス1回戦では今年のウィンブルドン覇者エレーナ・ルバキナ(カザフスタン)がサムソノワに2―6、4―6で負けた。