カーリングの世界選手権出場枠を懸けたパンコンチネンタル選手権は10月31日、カルガリーで開幕して1次リーグが行われ、女子日本代表で北京冬季五輪銀メダルのロコ・ソラーレは米国に延長の末、7―8で敗れたが、香港には15―1で圧勝して1勝1敗とした。男子のSC軽井沢クは韓国に5―7で競り負けた。

 アジアとオセアニア、米大陸から女子9、男子8カ国・地域が参加。総当たりで争われる1次リーグの上位4チームが準決勝に進む。女子は5位まで、男子は開催国枠を持つカナダを除いた上位4チームが来年の世界選手権の出場枠を獲得する。(共同)