【ロサンゼルス共同】米大リーグ機構は17日夜(日本時間18日午前)に今季の最優秀選手(MVP)を発表する。ア・リーグは昨季初受賞したエンゼルスの大谷翔平、リーグ新記録の62本塁打を放ったヤンキースのジャッジ、ワールドシリーズを制したアストロズの主砲アルバレスの3人が最終候補に残っている。

 今季の大谷は投手で自己最多の15勝(9敗)、打者で34本塁打をマーク。1918年のベーブ・ルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」を達成し、03年以降の現行のメジャーで初めて投打同時で規定に到達した。

 MVPは全米野球記者協会会員30人がレギュラーシーズン成績を対象に投票。