大相撲九州場所7日目(19日・福岡国際センター)大関陣は貴景勝が翠富士を押し出し、5勝目を挙げた。かど番の正代は宇良をはたき込み、4勝3敗とした。

 3関脇は、10勝で大関に復帰できる御嶽海が小結霧馬山の寄りに屈し、3敗目を喫した。霧馬山は5勝2敗。豊昇龍は若元春を外掛けで退け、6勝目をマーク。若隆景は小結翔猿に押し出され3敗目。翔猿は4勝3敗。先場所覇者の小結玉鷲は1勝6敗となった。

 豊昇龍、平幕の高安、阿炎、王鵬の4人が1敗を守った。