互いに決め手を欠いて、無得点で引き分けた。ウルグアイはヌニェスを軸とした攻撃が実らなかった。後半途中から出場したカバニも積極的にプレーしたが決められず、終盤にはバルベルデの強烈なシュートがポストに直撃した。

 韓国は前半に黄義助が絶好機を逃し、終盤は孫興民が左足のミドルシュートを右に外した。