プロ野球の第15代の新コミッショナーに、元経団連会長の榊原定征氏(79)が5日、就任した。任期は2年。オンラインで行われた日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団による理事会で承認された。7月のオーナー会議で就任が内定し、NPBの会長も務める。元東レ副社長の小泉慎一氏が会長補佐、元東レ・メディカル専務取締役の倉持修祥氏が常務理事に就任した。

 NPBの井原敦事務局長は「(理事会で榊原コミッショナーから)必要なことはプロ野球の魅力の向上、事業の拡大、国際化の推進、これらを課題として捉えていくというような話をしていただいた」と語った。