中日が逃げ切り。鈴木は六回途中まで無失点の力投で、2年ぶりの白星、先発では初勝利を挙げた。奪三振はなく、低めを突いて打たせて取った。打線は五回に岡林、細川の連続適時打で2点を先行。西武は終盤の反撃が及ばなかった。