フィギュアスケート男子で世界選手権2連覇中の宇野昌磨(トヨタ自動車)が29日、東京都内でイベントに出席し、今季は4回転サルコーを跳ばない考えを示した。「リスクに対してリターンが見合っていない。足かせになっているので、それをなくすことで余裕ができる」と説明した。

 昨季に続き、フリーの振付師は宮本賢二氏が務めることも明らかにした。曲名は公表しなかった。夏場はアイスショーを中心に活動し、新シーズンのグランプリシリーズ初戦は第4戦の中国杯(11月・重慶)となる。「オフは忙しかった。これから少しずつ競技に向かって練習に励む。競技をやると決めたからには最善を尽くす」と抱負を語った。