レスリング女子53キロ級で122連勝中の藤波朱理(日体大)が29日、三重県いなべ市で世界選手権(9月16日開幕・ベオグラード)に向けた練習を公開し、軽快な動きを披露した。同選手権で3位以内に入れば来年のパリ五輪代表に決まり「わくわくしている。絶対に世界一になってウイニングランをしたい」と笑顔で意気込んだ。

 19歳の藤波は東京五輪金メダルの志土地真優(ジェイテクト)らを撃破して世界切符を獲得。この日は男子高校生を相手に鋭いタックルやカウンターなど多彩な攻撃を磨いた。「目標はパリで優勝すること。研究もされると思うが、自分の持ち味を出せるように仕上げるだけ」と張り切っていた。