オリックスは二回に佐野皓の左前打で先制。六回は頓宮の16号ソロ、七回はスクイズで加点し、終始試合を優位に進めた。東が七回途中1失点で4勝目、山崎颯が7セーブ目を挙げた。日本ハムは3併殺と攻めきれなかった。