パラ競泳のジャパンパラ大会第2日は17日、横浜国際プールで行われ、女子100メートル自由形(知的障害)で木下あいら(三菱商事)がアジア新記録となる1分0秒91をマークして優勝した。同100メートル平泳ぎ(知的障害)は芹沢美希香(宮前ドルフィン)が1分17秒03のアジア新記録で制した。

 男子200個人メドレー(運動機能障害SM10)は南井瑛翔(近大)が2分20秒23のアジア新記録で優勝。同200メートル個人メドレー(運動機能障害SM8)では荻原虎太郎(セントラルスポーツ)が2分31秒06の日本新記録で頂点に立った。