野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)でエースとして日本を初優勝に導いた大阪桐蔭高の前田悠伍投手が20日、プロ志望届を提出したと明かした。150キロ近い速球と精度の高い変化球を武器に、昨年春の選抜大会を制するなど甲子園でも活躍した左腕。

 大阪府大東市の同校でW杯の優勝報告会に出席し「子供の頃からプロ野球選手になる夢を持っていた。プロに行って、また日の丸を背負うのが目標」と語った。プロ野球ドラフト会議は10月26日に実施される。