大阪府の吉村洋文知事と兵庫県の斎藤元彦知事が22日、大阪市内で記者会見し、プロ野球阪神とオリックスの優勝パレードを11月23日に開催すると発表した。大阪市のメインストリート「御堂筋」と、神戸市中心部の三宮でそれぞれ時間を分けて実施する。

 同日は勤労感謝の日で祝日。それぞれのパレード開始時間やルートは未定で、両府県や経済界などでつくる実行委員会が改めて公表する。個人や企業からの寄付も受け付けるという。

 パレードはファン層の違いや警備上の理由から、両球団で時間を分ける。吉村氏は「多くの方と祝えるパレードにしたい。過去の例も参考に、大阪市役所を出発して2キロくらいはやりたい」と意欲を示した。斎藤氏も「両球団とも連携して関西全体で盛り上げたい」と語った。

 当日は2025年大阪・関西万博の開幕500日前とも近いことから、万博のPRも行う。

 今シーズン、阪神は18年ぶりにセ・リーグで優勝し、オリックスはパ・リーグ3連覇を果たした。オリックスは昨年も御堂筋でパレードをしており、阪神も05年に実施した。