日本相撲協会は10日、大相撲九州場所(12日初日・福岡国際センター)の取組編成会議を開き、初日の取組を決めた。先場所覇者の大関貴景勝は小結北勝富士戦。横綱照ノ富士は腰痛で3場所連続の休場となった。

 他の2大関は霧島が宇良、豊昇龍が正代と対戦。3関脇は大栄翔が明生、若元春が高安、琴ノ若は翔猿と当たった。

 十両以上で初日からの休場は照ノ富士のほか、秋巡業終盤に左ふくらはぎを肉離れした元大関の幕内朝乃山、左肩負傷で先場所全休の十両伯桜鵬の3人だった。