バドミントンの熊本マスターズは14日、熊本県立総合体育館で開幕して各種目の予選と1回戦が行われ、ダブルスで女子の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)がスコットランドのペアを2―0で退けて2回戦に進んだ。男子の保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)はインドネシア・ペアに2―1で競り勝って1回戦を突破した。

 女子ダブルスの志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)はタイのペア、福島由紀、広田彩花組(丸杉)は中国ペアにともに1―2で負けて初戦敗退。男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は予選でインドネシアとタイの選手を下し本戦に進んだ。