【エスポー(フィンランド)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、フィンランド大会開幕前日の16日、エスポーで公式練習があり、女子で2連続3回転ジャンプなどを決めた坂本花織は「調子が良かった。1位、1位でファイナル(12月・北京)を決めたい」と、第2戦スケートカナダに続くGP連勝に意欲を示した。

 住吉りをんは3位だった第3戦フランス大会で日本女子初成功の4回転トーループを、バランスを崩しながらも着氷。河辺愛菜も17日のショートプログラム(SP)に備えた。

 男子は第2戦2位の三浦佳生や第1戦スケートアメリカ3位の佐藤駿、島田高志郎が出場する。