大相撲九州場所13日目(24日・福岡国際センター)大関霧島は関脇大栄翔をはたき込み、11勝2敗で首位を堅持。平幕熱海富士も高安を押し出し、2敗でトップを守った。3敗が消え、優勝争いは2人に絞られた。霧島と熱海富士は14日目の結びの一番で対戦する。

 関脇琴ノ若は竜電に寄り切られて4敗。優勝争いから脱落した。大栄翔は5敗目。大関対決は貴景勝が豊昇龍を突き落として9勝4敗。豊昇龍は5敗目を喫した。関脇若元春は9敗目となった。

 十両は琴勝峰と大の里が10勝3敗で首位をキープした。