明治安田J1第33節最終日(25日・ノエビアスタジアム神戸ほか=7試合)30周年のシーズンで、首位の神戸が最終節を前にリーグ初優勝を決めた。井出と武藤がゴールを決め、名古屋に2―1で競り勝って勝ち点68。2位の横浜Mと4差に広げ、残り1試合で逆転の可能性がなくなった。

 前節17位の湘南は最下位の横浜FCとの直接対決を1―0で制し、勝ち点34で残留を決めた。横浜FCは同29のまま。柏は鳥栖と2―2で引き分け、同32で残留決定は持ち越した。

 広島は3―0でG大阪に完勝して3位に浮上し、浦和は2―3で福岡に敗れて4位に後退。京都はC大阪に競り勝ち、札幌はFC東京を破った。