フィギュアスケートの五輪王者で昨年プロに転向した羽生結弦さんが、来年3月8〜10日に出身地、宮城県のセキスイハイムスーパーアリーナ(利府町)でアイスショーに出演すると6日、主催する日本テレビなどが発表した。東日本大震災から13年に合わせた公演で、2年連続の開催。

 公演名はイタリア語で「満天の星」を意味し、テーマは「希望」。羽生さんは「3月の開催はすごく意味のあるもの。少しでも多くの希望が届くようにという思いを込めながら、祈りながら滑りたい」とコメントした。