飛び込み女子の元世界選手権代表で28歳の馬淵優佳が現役を引退すると、2日に所属先のミキハウスが発表した。2017年に競泳の瀬戸大也(CHARIS&Co.)と結婚し、引退。2児の出産を経て、今夏のパリ五輪を目指して復帰したが、代表入りは果たせなかった。

 兵庫県出身の馬淵は「現役復帰してからは心の底から飛び込みが大好きになっていました。パリ五輪に出場できなかったことは、すごく悔しかったですが、これまでの競技人生を誇らしく思います」との談話を出した。