【ビリンゲン(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は3日、ドイツのビリンゲンで個人第14戦(ヒルサイズ=HS147メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は119.5メートル、130.5メートルの合計157.3点で2位に入り、今季初めて表彰台に立った。

 伊藤有希(土屋ホーム)は8位、勢藤優花(北海道エネルギー)は17位だった。ジャクリーン・ザイフリーズベルガー(オーストリア)が11季ぶりとなる通算2勝目を挙げた。